2014.10.15

U-21イタリア監督、欧州選手権の本戦出場に「目標を達成した」

ディ・ビアージョ
U-21イタリア代表を率いるディ・ビアージョ監督 [写真]=Getty Images

 U-21イタリア代表を率いるルイージ・ディ・ビアージョ監督が、イタリアメディア『Rai』のインタビューで、U-21欧州選手権の出場権獲得について語った。

 14日に行われたU-21欧州選手権2015の予選プレーオフ・セカンドレグで、イタリアはスロバキアに3-1で勝利。2戦合計4-2で本大会出場を決めた。

 ディ・ビアージョ監督は「(最後は9人となった相手に対して)数的優位に立ち、このように苦しんではならない。前半は、準備していたように真のチームとしてプレーできた。それからプレーオフ突破が決まったかのように考えてしまい、試合は難しいものとなってしまった。後半のパフォーマンスには落胆している」とコメント。その一方で「我々がこの予選でどのようなスタートを切ったかを考えると、想像を絶するものだ。我々にとって信じられない目標だった」と述べ、本大会出場権獲得を高く評価していることを明かした。

 さらに、同監督は「トップに立つためにはもっと改善しなければならない。前半のようなパフォーマンスを常に出さなければならないんだ。本大会? 今いる選手の多くが参加できる。フル代表に選手を送り込むことも我々の目標だが、それはすぐに果たさなければならないものではない」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る