FOLLOW US

公式戦13戦無敗のバルサに現地紙注目…復調の要因はケガ人の復帰&シャビ監督の采配

2024.04.15

第31節カディス戦に臨んだバルセロナのイレブン [写真]=Getty Images

 現在公式戦6連勝中と波に乗るバルセロナについて、15日付けのスペイン紙『マルカ』がその要因や展望を伝えている。

 12日に行われたラ・リーガ第31節カディス戦に勝利し、公式戦6連勝を飾るとともに直近13戦無敗としたバルセロナ。同紙その要因のひとつして、まず負傷により戦列を離れていた選手たちの復帰を挙げた。GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、DFイニゴ・マルティネス、DFアンドレアス・クリステンセン、MFフレンキー・デ・ヨング、MFペドリ、FWハフィーニャ、FWロベルト・レヴァンドフスキ、FWフェラン・トーレスらが復帰し、チームに良い影響を与えていると分析。

 また、シャビ監督の「戦術的な決定」も復調の要因に挙げられており、特にクリステンセンを守備的ミッドフィルダーのポジションに配置したことが好例だと伝えられている。「デンマーク人は相手の速いトランジションを防ぎ、チームに安定感をもたらした」と評した。また、DFジュール・クンデを右サイドバックに配置したことに関しても、同紙は好影響を生み出したと報道。「特に10日(UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦:パリ・サンジェルマン戦)では(キリアン・)エンバペに対しての優れたキーマンだった」と、シャビ監督の采配を称えている。

 次戦は16日に行われるCL準々決勝第2戦PSG戦、そしてその次の試合はラ・リーガ第32節レアル・マドリード戦(21日)とビッグゲームでの連戦を控えるバルセロナ。現在の勢いそのままに今シーズンのタイトル獲得に近づけるか、その戦いに注目が集まる。

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO