FOLLOW US

中断明け10試合でわずか4失点…リーガ制覇に貢献のクルトワ「優勝できるという自信があった」

レアル・マドリードに所属するクルトワ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、リーグ戦について言及した。16日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第37節ビジャレアル線で勝利し、3シーズンぶりのリーグ優勝を決めたレアル・マドリード。新型コロナウイルスの感染拡大による中断明けからは10戦全勝でライバルのバルセロナを捲ったかたちとなったが、ここまでリーグ最少失点(23失点)を支え優勝に貢献したクルトワは同試合後、以下のように語っている。

「ロックダウンから戻ってきて慌ただしい2ヶ月間を送ってきたが、10連勝できたことは嬉しい。僕たちには優勝できるという自信があったんだ。カタルーニャのファンからは“黙れ”というメッセージが何度も届いていたね。でも、チームはやるべきことをしっかりと成し遂げた。優勝できるという力を証明することができたね」

 中断明け10試合にフル出場し4失点の活躍を見せたクルトワには、今シーズン残るタイトルであるチャンピオンズリーグでの活躍にも期待が集まっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO