2018.08.01

ワンチョペ氏がレアルの“GK問題”に言及…同胞K・ナバスの起用を支持

K・ナバス、クルトワ
レアルの守護神を務めるのはK・ナバス(左)か、クルトワ(右)か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてコスタリカ代表FWとして活躍し、2014年から2015年にかけては同代表の指揮も執ったパウロ・ワンチョペ氏が、レアル・マドリードの“GK問題”について言及した。スペイン紙『マルカ』が7月31日付で伝えている。

 レアル・マドリードは、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスがチャンピオンズリーグ3連覇に貢献したが、今夏の移籍市場ではチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワを獲得することが継続的に報じられている。K・ナバスで十分とする声も見られるが、ワンチョペ氏も同様の考えのようだ。

レアル・マドリードに新たなGKは不要だと信じている。ケイラーは3年連続でCLのタイトルを勝ち取ったんだ。決して簡単なことじゃない」

 ワンチョペ氏はこのように語り、同胞のK・ナバス起用を支持した。クルトワ獲得にはレアル・マドリードのフロレンティーノ・ぺレス会長が執心しているとも言われるが、この問題は果たしてどのような結末を迎えるだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング