2018.08.01

モウリーニョ、クロース&ベイルの獲得を望んでいた…レアルは「ノー」

クロース、ベイル
モウリーニョ監督がクロース(左)とベイル(右)の両獲りを画策していたようだ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は、レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースとウェールズ代表FWギャレス・ベイルの獲得を望んでいたようだ。スペイン紙『マルカ』が7月31日付で伝えている。

 モウリーニョ監督は先日、補強がうまく進んでいないことに対する不満を漏らしていた。候補者リストをクラブに提出していることを明かしていたが、同紙によれば、その中にクロースとベイルの名前も含まれていたという。ただ、レアル・マドリードはこれに「ノー」を突き付けた模様だ。

 ケガの多かったベイルに関しては、今夏でのレアル・マドリード退団がしきりに報じられていた。しかし、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退団により、フレン・ロペテギ新監督はベイルを“新エース”として計算しており、同選手は残留の方向に向かっている。また、クロースは引き続き中盤のキープレーヤーとしての役割を担う上、ファンからの人気も絶大であり、クラブ側に放出の意思はない。

 インターナショナル・チャレンジカップ2018ではレアル・マドリードを下したマンチェスター・Uだったが、移籍を巡る攻防ではレアル・マドリードの前に“完敗”を喫している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング