FOLLOW US

ハメスのレアル復帰が有力に? バイエルンが後釜探しに着手とスペイン紙

昨年夏に2年間のレンタル移籍でバイエルンへ加入したハメス・ロドリゲス [写真]=Getty Images

 バイエルンへレンタル移籍で加入しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、レアル・マドリードへ復帰することが有力となっているようだ。スペイン紙『マルカ』は17日、バイエルンが同選手の後釜となる選手を探していると報じた。

 J・ロドリゲスは昨年夏、2年間のレンタル移籍でバイエルンへ加入。移籍期間はまだ1年残っているが、14日付の同紙によれば、レアル・マドリードの新指揮官に就任したフレン・ロペテギ監督がJ・ロドリゲスの能力を高く評価しており、今夏の移籍市場で復帰させることを熱望しているという。

 そして今回、バイエルンがJ・ロドリゲスの後釜となる選手の獲得に着手していると報じられた。同クラブは今夏の移籍市場で、シャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得。さらにドイツ人MFセルジュ・ニャブリとポルトガル人MFレナト・サンチェスがレンタル移籍先から復帰したものの、J・ロドリゲスの退団に備えて新戦力のリストアップに入ったようだ。

 J・ロドリゲスはレアル・マドリード復帰に前向きな姿勢を見せているとも報じられているが、2018-19シーズンはどちらのクラブでプレーすることとなるだろうか。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO