FOLLOW US

レアル、まさかの完封負け…ジダン監督「選手たちに申し訳ない」

エスパニョール戦での痛恨の黒星を振り返ったジダン監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第26節が27日に行われ、レアル・マドリードはアウェイでエスパニョールと対戦。前節終了時点で15位に沈んでいた相手に0-1と敗れた。

 レアル・マドリードはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを温存し、ベンチ外としてアウェイゲームに臨んだが、痛恨の敗戦。試合後にはジネディーヌ・ジダン監督が「選手たちに申し訳ない」と謝罪のコメントを残した。クラブの公式HPが伝えている。

 ジダン監督は「良い形でスタートして、ゴールを決めるチャンスを作ったが、後半は悪くなってしまった。敗北には値しなかったと思うが、後半の我々は攻撃を作ることもプレーに縦の深さをもたらすこともできなかった。一方、エスパニョールはチャンスがわずかしかなかった。これは痛い敗北であり、悪い結果だ。選手たちに申し訳なく感じている」とコメント。後半アディショナルタイムに決勝ゴールを許した一戦を振り返っている。

 レアル・マドリードは次節、3月3日にMF柴崎岳が所属するヘタフェとのホームゲームに臨む。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO