2017.04.23

R・カルロス氏、“クラシコ”前のリラックス法は「母に電話していた」

R・カルロス
かつてレアルで活躍したロベルト・カルロス氏 [写真]=LFC Foundation/Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリードの黄金期を支えた元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏が、23日に行われるリーガ・エスパニョーラ第33節、バルセロナとの伝統の一戦“クラシコ”を前に、クラブ公式チャンネルのインタビューで古巣の現況について見解を述べた。

 現役時代の“クラシコ”を振り返ったR・カルロス氏は、当時は今以上に両チームのテンションが高かったとの見方を示した。

「あの時代、両チームの対抗心は最高レベルにあった。それと比べると、今の雰囲気はより落ち着いていると言えるだろう。初めて“クラシコ”でプレーした時は、夢が現実になったと思ったね。ただでさえ興奮する試合だから、ゴールなんて決めた日には感情が爆発する。試合前は必ず母に電話を入れ、はやる気持ちを落ち着かせてもらったものだよ」

 R・カルロス氏はまた、当時のチームメイトであり現在はチームを率いているジネディーヌ・ジダン監督が、現役時代から指導者らしさを漂わせていたことを説明した。

「ジダンは人間としても監督としてもナンバーワンだ。彼は現役の頃からすでに指揮官の片鱗を見せていた。常に仲間やチームのことを考え、微笑を絶やさず、誰とでも信頼を築くことができた。また、口数は多くないけれども、話をする時は必ず説得力があったよ」

 一方、今回の“クラシコ”の結果を、「レアル・マドリードが2-0で勝つ」と予想したR・カルロス氏は、古巣のリーガとチャンピオンズリーグの2冠に期待を寄せた。

「今はすべてが上手く進んでいる。意欲、集中力、プレーできる喜び、相手へのリスペクト、ハードワークといった事が持続できれば、スペインでもヨーロッパでも頂点に立てるだろう」

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る