2017.01.23

バルサ、前半戦はエンリケ政権最多ゴール数に 年間100得点超えるペース

リーグ前半戦で51ゴールを挙げたバルセロナ [写真]=NurPhoto via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 リーガ・エスパニョーラ第19節が22日に行われ、バルセロナはMF乾貴士所属のエイバルに4-0で勝利した。この結果、ルイス・エンリケ監督就任後、リーグ前半戦での最多得点数を記録した。22日付けのスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 リーガ・エスパニョーラは27日から行われる第20節からシーズン後半戦を迎えるが、バルセロナは前半戦で51ゴールを記録。ルイス・エンリケ監督就任1年目の2014-2015シーズンの前半戦に記録した48ゴールを上回り、現政権下での最多得点数を記録した。

 今シーズンのバルセロナは、ホーム開催となった第12節のマラガ戦(0-0)以外、リーグ戦の全試合で得点をマーク。第5節のアトレティコ・マドリード戦(1-1)や第14節のレアル・マドリード戦(1-1)など、1ゴールに終わった試合が7試合ある一方で、3ゴール以上を奪った試合は10試合を数えた。「固め取りが多かったことが記録更新の要因となった」と同紙は指摘している。

 なお、リーグ前半戦でのクラブ歴代最多得点数は、ティト・ビラノバが監督を務めた2012-13シーズンに記録した64ゴール。前半戦の全試合で得点を奪った同シーズンはさらに、115ゴールというクラブのシーズン最多得点記録も樹立した。

 今シーズンのリーグ戦、残り19試合で65ゴールを奪えば、このシーズン得点記録を塗り替えることになるが、後半戦に入ってもゴールを量産することはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る