2016.04.17

レアルMFハメスに復調の兆し…ヘタフェ戦で1ゴール1アシスト

J・ロドリゲス
自身のアシストから先制点をマークしたベンゼマ(右)を祝福するJ・ロドリゲス(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第33節が16日に行われ、レアル・マドリードは敵地でヘタフェに5-1と快勝した。同クラブに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの活躍を、同日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在24歳のJ・ロドリゲスは、2014年に移籍金6300万ポンド(約96億円)でモナコからレアル・マドリードに加入。昨シーズンはリーグ戦で13ゴールを記録するなど活躍を見せたが、今シーズンに入るとスタメンを外れることが多くなり、シーズン終了後の退団が噂されている。

 しかし同試合では、29分にJ・ロドリゲスのアシストからフランス代表FWカリム・ベンゼマが先制点をマーク。さらに、試合終盤の88分にはエリア内で相手ディフェンダーをかわすと、ゴール右隅にチーム4点目となる冷静なシュートを自ら決めて、チームの勝利に貢献している。

 同紙は、J・ロドリゲスがスペイン代表MFイスコと並びチーム最多のパス本数を記録し、その成功率が89.2パーセントと高い数字だったことを紹介。また、この活躍を続けられれば、リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグの制覇に向け、ジネディーヌ・ジダン監督が同選手の起用を増やしていく可能性が報じられている。

 レアル・マドリードの次節は20日、リーガ・エスパニョーラ第34節で、ビジャレアルと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る