2015.11.11

アルゼンチン代表の医師、メッシのクラシコ出場を危惧「回復できない」

メッシ
ラス・パルマス戦で負傷したバルセロナFWメッシ [写真]=VI-Images via Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 現在、故障により戦列を離れているバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、現地21日に行われるレアル・マドリードとの伝統の一戦“クラシコ”に向けて大きな一歩を踏み出した。

 9月26日に行われたラス・パルマス戦で左ひざのじん帯を損傷し、全治6週間から8週間との診断を受けたメッシは、まだチームメイトと同じトレーニングは行っていないものの、現地10日にボールを使った練習を再開。これにより、出場は微妙な状況にあるとされているレアル・マドリード戦での復帰に明るい兆しが見られた。

 とはいえ、アルゼンチン代表のチームドクターであるオメロ・デ・アゴスティーノ医師は、メッシがクラシコでプレーするために復帰を早めることを懸念しているようで、スペインのラジオ局『Cadena SER』とのインタビューで出場を危惧した。

「メッシはクラシコには間に合わないと思っている。出場するだけなら可能かも知れないけれども、このレベルの試合に必要なコンディションまでは回復できないだろう。ボールを使った練習により調子は大きく上がっていくはずだが、通常の状態に戻るにはあと15日は掛かるだろう。もしクラシコでプレーすれば、故障再発のリスクが高まることになる」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る