2014.10.17

未だ白星のないコルドバ、開幕戦以来の勝利挙げたマラガを迎える

アルベルト・フェレール
コルドバを指揮するアルベルト・フェレール監督 [写真]=Getty Images

 前節、アウェーでヘタフェとドロー(1-1)を演じ、3節ぶりに最下位を脱出したコルドバ。とはいえ、未だに白星のないチームは、ここまで4分3敗の19位と苦しい戦いにあることは変わりない。

 今シーズン初勝利を手にするためには、ここまで7試合で4得点に終わっている攻撃陣の奮起が必要不可欠となる。その中で、ここ2試合招集を外れている日本代表FWハーフナー・マイクは引き続き厳しい状況が続くが、ライバルのFWナビル・ギラスとFWシスコも今シーズンまだ無得点と付け入る隙はあるだけに、出場機会があれば確実に活かしたい。

 これに対し、前節はホームでグラナダに勝利(2-1)したマラガ。開幕戦以来の白星により、2勝3分2敗として11位に浮上した。今節もほぼベストメンバーが組めると見られており、相手との力関係からして優位に戦いが進められそうだ。

 ここまで7失点と守備は安定しているだけに、逆に5得点に終わっている攻撃がかみ合えば、今シーズン初の連勝が十分に期待できるだろう。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る