FOLLOW US

“勝ち点2”が溢れたリヴァプール…76分までプレーの遠藤航は2位タイの評価に「交代が惜しまれる」

2024.05.14

76分までプレーしたMF遠藤航 [写真]=Getty Images

 リヴァプールの日本代表MF遠藤航が、13日のプレミアリーグ第37節アストン・ヴィラ戦に先発出場。試合は3-3の引き分けに終わったものの、地元紙『リヴァプール・エコー』からは一定の評価を受けている。

 遠藤が3試合連続のスタメン出場となった同試合。リヴァプールは開始早々にオウンゴールで先制に成功すると、1-1の同点で迎えた23分にFWコーディ・ガクポが再びリードを奪うゴールを決める。さらに、48分にはDFジャレル・クアンサーが追加点を挙げた。が、85分と88分に立て続けの失点。結局、3-3の引き分けに終わっている。

 結果的に見れば、リヴァプールはアウェイ戦とはいえ勝ち点2を失う形に。ただ、76分までプレーした遠藤に対しては、『リヴァプール・エコー』がチーム2位タイとなる評価点7を与え、「前半は守備のカバーリングに追われることが多く、自由にプレーすることができなかった。ただ、後半はかなり良くなっただけに、途中交代が惜しまれるものとなった」と綴っている。

 すでに3位フィニッシュが確定しているリヴァプールは、最終節でウルヴァー・ハンプトンと対戦。ユルゲン・クロップ監督のラストマッチを勝利で飾ることができるのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGリヴァプールのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO