FOLLOW US

マンC、試合開始直後に失点も…前節に続き大量4ゴール、パレスに鮮やか逆転勝利

2024.04.06

デ・ブライネ(左)は圧巻の2ゴール [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第32節が6日に行われ、マンチェスター・シティは敵地でクリスタル・パレスと対戦した。

 前人未到のプレミアリーグ4連覇を掲げるマンチェスター・シティは、前節終了時点で20勝7分3敗の成績で勝ち点「67」を積み上げ、現在は3位につけている。3月10日に第28節でリヴァプールとのアウェイゲームを1-1のドローで終えると、前々節はホームにアーセナルを迎えてスコアレスドロー。現在はリヴァプール、アーセナルとの“三つ巴”の優勝争いに身を置くなか、ライバルたちとの直接対決で勝利を飾ることはできなかった。それでも、3日に行われた前節は、第15節で0-1と敗れていたアストン・ヴィラを相手に4-1と完勝。きっちりと勝ち点「3」を積み、中2日で迎える今節は敵地でクリスタル・パレスと激突する。

 クリスタル・パレスはここまで7勝9分14敗の勝ち点「30」で14位につけている。現在は4試合未勝利となっているが、3連覇中の“王者”を相手に金星を飾れるだろうか。

 マンチェスター・シティは前節からスターティングメンバー4名を入れ替え。ジョン・ストーンズ、ケヴィン・デ・ブライネアーリング・ハーランドがスタメンに戻ってきただけでなく、オスカー・ボブが今季のプレミアリーグで2度目の先発に名を連ねた。フィル・フォーデンやベルナルド・シルヴァらはベンチから出番を待つ。一方、クリスタル・パレスはヨアキム・アンデルセン、エベレチ・エゼ、ジャン・フィリップ・マテタらがスタメンに入った。

 試合は立ち上がりの3分に動く。クリスタル・パレスは自陣で相手のパスを引っ掛けると、ジョルダン・アイェウの落としからアダム・ウォートンが背後のスペースへスルーパスを送る。抜け出したマテタがボックス右から右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートは左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。見事なカウンターアタックを完結させ、ホームチームが先手を取っている。

 マンチェスター・シティとしては開始早々1点ビハインドを強いられたが、その後も姿勢は変わることなく、ボールを保持して敵陣へ押し込む形を続ける。すると13分、敵陣左サイドでボールを受けたジャック・グリーリッシュが縦へ仕掛けてクロスボールを送ると、ジョエル・ウォードにブロックされたものの、セカンドボールにデ・ブライネが反応。ボックス左で前を向いたデ・ブライネが右足でシュートを放つと、狙い澄ました一撃がファーサイドへ突き刺さった。“エース”の正確無比な右足が火を吹き、試合は振り出しに戻っている。

 その後はマンチェスター・シティが主導権を握り、クリスタル・パレスのブロックを掻い潜る術を探る。ハーランドやフリアン・アルバレスらがゴールに迫る場面を生み出しながらも、なかなか次の1点が奪えない。

 対するクリスタル・パレスは38分、敵陣でアイェウがロドリからボールを奪うと、自ら持ち込んで右足シュート。ニアサイドの上を狙った一撃はクロスバーに嫌われた。クリスタル・パレスとしては勝ち越しゴールのチャンスを逃す形となり、マンチェスター・シティとしてはヒヤリとするシーンだった。

 このまま1-1で後半へ折り返すと、再び立ち上がりの時間帯にスコアが動く。47分、後半頭からヨシュコ・グヴァルディオールに代わって投入されたマヌエル・アカンジが左サイドからボールを持ち運び、相手を引きつけて左へ渡すと、グリーリッシュが縦へ仕掛けてクロスボールを送る。ボックス内でアンデルセンが先に触ったものの、短くなったクリアボールを拾ったリコ・ルイスが右足一閃。ディフレクションした一撃がゴールネットを揺らし、マンチェスター・シティが勝ち越しに成功した。

 後半の早い時間帯に逆転ゴールを奪ったマンチェスター・シティがその後も試合を優位に進めると、66分には再び左サイドから、グリーリッシュがドリブルをスタート。カットインして斜めのボールを繋ぐと、ボックス左の深い位置からデ・ブライネが右足アウトサイドでマイナスへ折り返し、最後は中央へ飛び込んだハーランドが押し込んだ。“主砲”の一撃で、マンチェスター・シティがリードを2点に広げた。

 止まらないマンチェスター・シティは続く70分、デ・ブライネからのスルーパスでグリーリッシュが左サイドを突破。巧みなステップでボールを握り、時間を作ると、横パスを受けたロドリがダイレクトで落とし、最後はデ・ブライネが左足で叩き込む。マンチェスター・シティが4点目を記録し、勝利を決定付けた。

 ホームで意地を見せたいクリスタル・パレスは終盤に差し掛かった86分、中央からドリブルで持ち運んだナウイロ・アハマダが左サイドへスルーパスを送ると、抜け出したジェフリー・シュルップが左足でクロスボールを送る。このボールを、ニアサイドへ飛び込んだオドソンヌ・エドゥアールがダイレクトで押し込んだ。途中出場の3選手が絡み、クリスタル・パレス点差を縮めた。

 試合はこのままタイムアップ。開始直後の失点でヒヤリとしたマンチェスター・シティだったが、デ・ブライネ、グリーリッシュらの躍動もあり、終わってみれば前節と同じく4ゴールを記録。プレミアリーグ2連勝で、今節を未だ消化していないリヴァプール、アーセナルにプレッシャーをかけた。一方、クリスタル・パレスは悪くない戦いを見せながらも、これで5試合未勝利と苦しい状況が続く。

 この後、マンチェスター・シティは9日にチャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝ファーストレグでレアル・マドリードと敵地で対戦し、13日には次節のプレミアリーグで橋岡大樹が所属するルートン・タウンをホームに迎える。一方、クリスタル・パレスは14日に次節のプレミアリーグで遠藤航が所属するリヴァプールの本拠地に乗り込む。

【スコア】
クリスタル・パレス 2-4 マンチェスター・シティ

【得点者】
1-0 3分 ジャン・フィリップ・マテタクリスタル・パレス
1-1 13分 ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・シティ
1-2 47分 リコ・ルイスマンチェスター・シティ
1-3 66分 アーリング・ハーランドマンチェスター・シティ
1-4 70分 ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・シティ
2-4 86分 オドソンヌ・エドゥアールクリスタル・パレス

【PR】プレミアリーグ観るなら
U-NEXT「SPOTV NOWパック」で!

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが視聴できるお得なプランになります。

U-NEXT「SPOTV NOW」パック

ポイント利用で実質月額800円に!

月額2,000円ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツと合わせてお得に楽しむことができます。

プレミアリーグセリエAのほか、U-NEXTが提供するラ・リーガなど注目リーグの試合を視聴可能です。

  1. U-NEXTの「SPOTV NOWパック」なら広告なし! TV視聴も可能!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでプレミアリーグ&エンタメを堪能!
  3. U-NEXT&「SPOTV NOWパック」ではラ・リーガやセリエAなども楽しめる!

【PR】「ABEMA」なら
プレミアリーグが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、プレミアリーグの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、しっかり堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら注目カードが確実に視聴可能!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGジャン・フィリップ・マテタのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO