FOLLOW US

熾烈な優勝争いのキーマンに?…群雄割拠のプレミアリーグで今最も“ホット”な選手たち

2024.03.08

今シーズンのプレミアリーグで輝きを放っている選手たち [写真]=Getty Images

 今シーズンのプレミアリーグも終盤戦に差し掛かり、タイトルレースも佳境を迎えつつある。現地時間10日には1位リヴァプールと2位マンチェスター・シティによる注目の首位攻防戦も控えている。
 
 3位アーセナルも上位2チームをしっかし追走しており、勝ち点「2」差の中に3チームがひしめく近年稀に見る大混戦のタイトルレースとなっている。そんな群雄割拠のプレミアリーグにおいて、シーズン終盤戦に鍵を握るのはどの選手なのだろうか? イギリスメディア『BBC』が直近10試合におけるベストプレーヤー12名を選出しているので今回はそれを見てみよう。こちらが世界最高と呼ばれるプレミアリーグにおいて、現在最も“ホット”な選手たちだ。

[写真]=Getty Images
 

フィル・フォーデンマンチェスター・シティ

フィル・フォーデン

直近のマンチェスター・ダービーでは2得点を記録したフォーデン


 
 もう期待の若手とは呼ばせない。23歳のイングランド代表MFは今シーズンのリーグ戦でで11ゴール7アシストをマーク。前節のマンチェスター・ダービーでは勝利を呼び込む2ゴールを叩き出し、早くも昨シーズンの得点数に並んで見せた。チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も「仕事量を考慮すると、彼は現在のプレミアリーグでベストプレーヤーだ」と手放しで称賛する。『BBC』の実況者も「もし、イングランド代表が今日EUROの初戦を戦うのであれば、右ウイング(WG)はブカヨ・サカ、左WGはフィル・フォーデン、中央にハリー・ケイン、トップ下にジュード・ベリンガムだろう」と話している。
 

アーリング・ハーランドマンチェスター・シティ

アーリング・ハーランド

負傷離脱から復帰したハーランド。怪物の完全復活も近いか?


 
 昨シーズンは加入1年目でプレミアリーグのゴール記録を塗り替えたノルウェーの“怪物”。その時と比べると今シーズンはやや大人しいのかもしれないが、それでも負傷で5試合も欠場しながリーグ戦で18ゴールを叩き出し、得点ランク首位を走っている。2月末のFAカップでは1試合で5ゴールを叩き出すなど、完全復活を遂げた印象だ。『BBC』で解説を務める元マンチェスター・シティのマイケル・ブラウン氏は「彼にはパワー、献身性、そしてゴールを奪うハングリーさがある。彼のプレーを止めるのは至難の業だよ」と表現している。
 

ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・シティ

ケヴィン・デ・ブライネ

屈指のタレントが集うマンCにおいてもデ・ブライネが放つ輝きは別次元


 
 ハムストリングの負傷により開幕から約5カ月間も離脱したデ・ブライネだが、1月に復帰して以降はリーグ戦7試合で1ゴール4アシストをマークし、FAカップのルートン・タウン戦では驚異の4アシストを記録した。グアルディオラ監督から“レジェンド”と称えられるベルギー代表のプレーメーカーについて、元マンチェスター・シティのマイカ・リチャーズ氏は「ワールドクラスと呼ばれる選手はたくさんいるが、彼は別格」と絶賛している。
 

ロドリマンチェスター・シティ

ロドリ

マンチェスター・シティの“心臓”として君臨するロドリ


 
 前人未到のリーグ4連覇を目指すマンチェスター・シティに攻守のバランスをもたらす“大黒柱”ロドリ。昨年2月に行われたトッテナム戦以降、マンチェスター・シティで出場した60試合において何と無敗を誇っている。最近はゴールに絡むプレーも増えており、リーグ戦直近10試合で3ゴール3アシストをマーク。グアルディオラ監督が「断トツで世界最高のMF」と称えれば、ルートン・タウンのDFトム・ロッキャーも「彼と同じピッチに立てるのは喜び。そんな選手はあまりいない」と惜しみない賛辞を送っている。
 

フィルジル・ファン・ダイクリヴァプール

フィルジル・ファン・ダイク

リヴァプールを後方から支えるファン・ダイク。クロップ監督退任もあり、今季にかける思いは強いだろう


 
 “4冠”を目指すリヴァプールのキャプテンは、32歳ながら全盛期とも言えるパフォーマンスを披露している。先月のカラバオカップ決勝では、延長戦までもつれたチェルシーとの死闘に終止符を打つ値千金のゴールを決めた。『BBC』の記者も「ここ数週間のファン・ダイクは強大だ」と感嘆する。
 

ダルウィン・ヌニェスリヴァプール

ダルウィン・ヌニェス

年明け後はゴールへの直接関与が目立つヌニェス


 
 ウルグアイ代表ストライカーは出場したリーグ戦直近8試合で6ゴール2アシストを記録するなど大暴れ。前節のノッティンガム・フォレスト戦では、敵サポーターから「お前は単なる下手なアンディ・キャロル!」と、同じように長髪を結んでいた元リヴァプールのFWを絡めた野次を飛ばされるも、90+9分に劇的な決勝点をマークした。試合後にユルゲン・クロップ監督は「もっと、あのチャントを歌って欲しいね!」と冗談を飛ばし、アシスタントコーチのペップ・リンダース氏も「毎試合のように彼は一人で6回はチャンスを作り出せる」と称えている。
 

デクラン・ライスアーセナル

デクラン・ライス

英国人史上最高額で加入し、期待以上の活躍を見せているライス


 
 昨年夏に1億500万ポンド(約200億円)もの移籍金でアーセナルに加入したイングランド代表MFは、すっかりチームの心臓部として定着した。ピッチ上を縦横無尽に走り回り、持ち前のボール奪取力を生かした守備面だけでなく攻撃面でも貢献。最近はコーナーキックのキッカーまで任されており、リーグ戦直近4試合で2ゴール3アシストをマークした。『BBC』のレポーターは「昨シーズンは最終的に失速して優勝を逃したが、今シーンは最後まで絡めるかもしれない。ライスがそれくらいの違いを生み出す可能性がある」と説明している。
 

ブカヨ・サカアーセナル

ブカヨ・サカ

切れ味鋭いドリブルと巧みなフィニッシュワークを武器に右サイドからアーセナルの攻撃を牽引するサカ


 
 リーグ戦直近10試合で8ゴール1アシストと抜群の存在感を見せているのがアーセナルのイングランド代表FWサカだ。『BBC』も「現在のプレミアリーグで最も好調な選手の有力候補」と称えており、「プレミアリーグで最高の選手はハーランド、デ・ブライネ、サラー、サカの誰かだ。チームを優勝に導いた選手がベストプレーヤーということになる」とレポーターも説明している。
 

オリー・ワトキンスアストン・ヴィラ

 

オリー・ワトキンス

好調アストン・ヴィラの“得点源”ワトキンス。リーグ戦では16ゴールを挙げている

 当然、上位3チーム以外にも絶好調な選手はいる。アストン・ヴィラのイングランド代表FWは今シーズンのリーグ戦で16ゴール10アシストを記録。得点ランク2位、アシストランクは1位タイという活躍で、大躍進を見せるアストン・ヴィラの攻撃を力強く牽引している。その活躍には、プレミアリーグの歴代最多ゴール記録を持つアラン・シアラー氏も「今の彼はゴールを期待するのではなく、決めるつもりでいる」と賛辞を送っている。
 

コール・パルマーチェルシー

コール・パルマー

所属するチェルシーは不調ながら、パルマーは印象的なパフォーマンスを見せ続けている


 
 現在11位と悩めるチェルシーにおいて輝きを放っているのがパルマーだ。昨年夏にマンチェスター・シティから加入した21歳のテクニシャンは、ここまでリーグ戦でチーム最多のゴール数(10)とアシスト数(7)をマークしており、直近10試合で見ても4ゴール4アシストと躍動。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も「違いを生み出せるので重要な選手だ」とその才能を認めている。
 

ジャロッド・ボーウェンウェストハム

ジャロッド・ボーウェン

ウェストハムの攻撃を牽引するボーウェン。スコールズ氏もその活躍を称賛している


 
 先月のブレントフォード戦でキャリア初のハットトリックを達成するなど、リーグ戦直近10試合で5ゴール2アシストをマークしているボーウェン。今シーズンは既にリーグ戦で自己最多となる14ゴールを奪っており、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏も「レアル・マドリード、マンチェスター・シティアーセナルも彼に注目している。彼は“一式”が揃った選手。少しエリック・カントナを彷彿とさせる」と、マンチェスター・ユナイテッドの英雄を引き合いに出して称えている。
 

アルフォンス・アレオラウェストハム

アルフォンス・アレオラ

最後尾からウェストハムを支える守護神アレオラ。セーブ率はリーグ屈指だ


 
 唯一、GKで選出されたのがフランス代表の常連でもあるアレオラだ。直近10試合でクリーンシート(無失点試合)を3回記録したほか、セーブ数は1試合平均「5.8本」を数える。今シーズンのリーグ戦で100セーブ以上を記録したGKの中で最高セーブ率を誇るほか、被ゴール期待値を4点も下回る失点数に抑えている。2回のPKセーブ数も今シーズンのリーグ戦における最多記録となっている。
 
 果たして、この中の誰がチームを栄光に導くのか? “ホット”な選手たちの今後の活躍にも期待がかかる。

(記事/Footmedia

フィル・フォーデンの関連記事


【PR】欧州クラブ来日マッチを見るなら「Lemino」

2024年夏も、さまざまな海外強豪クラブが来日予定。 「Lemino」ではヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパーほか5試合を配信予定です。

※生配信は無料で視聴できますが、「dアカウント」ログインが必要です
見逃し配信は、月額990円(税込)の「Leminoプレミアム」での配信となります

Jクラブ vs 欧州クラブの熱戦を「Lemino」で視聴しよう!

「Lemino」とは、ドコモが提供する映像配信サービス。ドコモ携帯電話ユーザー以外も利用可能です。

有料プランの「Leminoプレミアム」は、月額990円(初回入会なら初月無料)。映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽・スポーツなど、さまざまなジャンルのコンテンツを18万本以上も取り揃えている注目のサービスです。

Leminoで独占配信
  1. 2024/7/27(土)19:00
    明治安田Jリーグワールドチャレンジ2024 powered by docomoヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパー独占無料生配信
  2. 2024/7/28(日)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo京都サンガF.C. vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  3. 2024/7/31(水)19:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo浦和レッズ vs ニューカッスル独占無料生配信
  4. 2024/8/1(木)18:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomoサンフレッチェ広島 vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  5. 2024/8/3(土)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo横浜F・マリノス vs ニューカッスル独占無料生配信

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

RANKINGフィル・フォーデンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO