FOLLOW US

冨安は「謙虚」、ジャカは「マフィア」…アーセナル守護神による風変りな同僚紹介

2023.02.06

アーセナルGKラムズデールが同僚を紹介 [写真]=Getty Images

 アーセナルの守護神として活躍するイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが、持ち前のユーモアを発揮している。

 ラムズデールは、24歳ながらプレミアリーグを代表するゴールキーパーの一人だ。2021年にイングランド2部のシェフィールド・Uからアーセナルに加入すると、名門クラブで即座に定位置を確保。それまで「守備が穴」と言われていたチームを立て直した。驚異的な反射神経でシュートを止めるだけでなく、常に最終ラインとコミュニケーションを図って堅守を築く。日本代表DF冨安健洋が体を張ってブロックすれば、すぐに近寄ってきてハイタッチ。チームメイトからの信頼も厚い若き守護神だ。

 昨シーズンは、レスターとのアウェイゲームで敵MFジェームズ・マディソンの直接FKを“神がかり的なセーブ”で止めて『シーズンベストセーブ賞』にノミネートされた。今季も8月のレスター戦で至近距離からのヘディングシュートに反応。敵将ブレンダン・ロジャーズがゴールを確信して一度は両手を挙げたほどの大ピンチを防いで見せた。

 今シーズンは、ここまでプレミアリーグで全20試合にフル出場し、ニューカッスルのGKニック・ポープ(12回)に次いでリーグ2位のクリーンシート「9回」を達成。首位を走るチームを最後尾から支えている。すでにイングランド代表にも定着しており、出番こそなかったが昨年のワールドカップ・カタール大会のメンバーにも選ばれた。

 そんな実力者だが、彼の魅力はピッチ内だけに留まらない。カメラの前に立てばエンターテイナーぶりを発揮するのだ。昨シーズン、チームメイトのDFロブ・ホールディングが加入6年目にしてプレミアリーグ初ゴールを決めると、試合後のインタビューで「時間がかかったと言っても、たったの6年と新しい生え際だけさ!」と、ラムズデールは少しだけ生え際が後退した同僚にジョークを飛ばした。

 他の試合では、アーセナルの英雄である元イングランド代表GKデイヴィッド・シーマン氏を横にして、司会者に「子供の頃はシーマンに憧れていたでしょ?」と聞かれると「僕はそんなに年寄りじゃないよ!」と冗談を飛ばしてから、シーマン本人に「すみません」と謝っていた。試合にリーズのサポーターからコインを投げ込まれた時には、それを集めて17ポンドも稼ぐと、リーズの選手に「君たちのファンはお金持ちなんだね!」と笑って見せた。

 ワールドカップメンバーに選出された際には「父が泣いていた」と明かしてから「もし僕が実際にピッチに立ったら、父は家に帰れないかもね。心臓発作を起こしちゃうからね!」と冗談を口にした。結局、ワールドカップでは一度も出番がなかったが、アーセナルがリーグ戦で首位をひた走っていたため、他クラブの代表選手から「5ポイント差だろ~」とイジられ続けていたことを明かした。

 そんなラムズデールが今回、米メディア『ESPN』の「チームメイトを一言で表現する」という企画に出演し、やはりユーモア満載の回答をしたので紹介しよう。少し変わったワードセンスなので注釈を加えながら紹介する。

[写真]=Getty Images

GKマット・ターナー=「アメリカ人」

マット・ターナー

注釈:ラムズデールは過去のインタビューで、アメリカ代表GKターナーについて「何でも“イエス”と乗り気な典型的なアメリカ人」と説明していた。

DFベン・ホワイト=「日焼け」

ベン・ホワイト

注釈:名前は“ホワイト”だが、確かにこんがり“小麦色”に焼くのが大好きな選手だ。

DF冨安健洋=「謙虚」

冨安健洋

注釈:これに関しては全く異論なし!

DFキーラン・ティアニー=「超ハード」

キーラン・ティアニー

注釈:みんなが防寒着を手放さない極寒の日でも、一人だけ半袖と短パンで練習する姿が有名だよね。

DFガブリエウ・マガリャンイス=「歯」

ガブリエウ・マガリャンイス

注釈:試合中も綺麗な白い歯が印象的だ!

DFウィリアン・サリバ=「お~(うめき声)」

ウィリアン・サリバ

注釈:恐らく、そんな感じの話し方なのだろう。

DFロブ・ホールディング=「The glue(接着剤)」

ロブ・ホールディング

注釈:みんなをつなぎ合わせてくれる接着剤のような存在だという。

DFオレクサンドル・ジンチェンコ=「クレイジー」

オレクサンドル・ジンチェンコ

説明不要。

MFトーマス・パルティ=「ダンス」

トーマス・パルティ

注釈:何かと踊っている動画がネットに上がっている。

MFグラニト・ジャカ=「マフィア」

グラニト・ジャカ

注釈:なんとなく分かる気がする。

MFモハメド・エルネニー=「ブライアン」

モハメド・エルネニー

注釈:エルネニーは過去にもチームメイトから「ブライアン」と呼ばれて「俺はブライアンじゃない!」と言い返したことがある。

MFマルティン・ウーデゴーア=「エル・パーチオ」

マルティン・ウーデゴーア

注釈:少し説明が必要だろう。監督に“ゴマをする”選手のことを「parched(欲しがり屋)」と呼ぶことがあるそうで、過去のインタビューでラムズデールはチーム内で最も監督と“仲良し”な選手を聞かれてウーデゴーアの名前を出していた。そのためウーデゴーアは「Mr. parched」、または「El Parchio(エル・パーチオ)」となるのだ。決して悪意はないぞ!

MFエミール・スミス・ロウ=「No.10」

エミール・スミス・ロウ

注釈:典型的なNo.10だ。

MFファビオ・ヴィエイラ=「ティーバッグ」

ファビオ・ヴィエイラ

注釈:これも有名な話で、ポルトガルU-21代表MFヴィエイラはアメリカの人気ドラマ『プリズン・ブレイク』に出てくる「Tバッグ」というキャラクターに見た目がそっくりなのだ。

FWブカヨ・サカ=「スターボーイ」

ブカヨ・サカ

注釈:2シーズン連続でクラブの年間最優秀選手に選ばれている生え抜きのエースは、アーセナルファンからも「スターボーイ」と呼ばれている。

FWガブリエウ・ジェズス=「ハングリー」

ガブリエウ・ジェズス

注釈:常に勝利を追い求める“ハングリー精神”でアーセナルを別次元のチームに引き上げた。

FWガブリエウ・マルティネッリ=「電光石火」

ガブリエウ・マルティネッリ

説明不要。

FWリース・ネルソン=「デカい/かさばる」

リース・ネルソン

意味不明。

FWエディ・エンケティア=「俺のキャプテン」

エディ・エンケティア

注釈:これは冗談ではなく、実際にエンケティアはラムズデールのキャプテンなのだ! というのも、エンケティアは2021年までイングランドU-21代表として活躍し、主将を任されていたのだ。そして、その時のU-21代表チームの守護神がラムズデールなのだ。

(記事/Footmedia


【PR】欧州クラブ来日マッチを見るなら「Lemino」

2024年夏も、さまざまな海外強豪クラブが来日予定。 「Lemino」ではヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパーほか5試合を配信予定です。

※生配信は無料で視聴できますが、「dアカウント」ログインが必要です
見逃し配信は、月額990円(税込)の「Leminoプレミアム」での配信となります

Jクラブ vs 欧州クラブの熱戦を「Lemino」で視聴しよう!

「Lemino」とは、ドコモが提供する映像配信サービス。ドコモ携帯電話ユーザー以外も利用可能です。

有料プランの「Leminoプレミアム」は、月額990円(初回入会なら初月無料)。映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽・スポーツなど、さまざまなジャンルのコンテンツを18万本以上も取り揃えている注目のサービスです。

Leminoで独占配信
  1. 2024/7/27(土)19:00
    明治安田Jリーグワールドチャレンジ2024 powered by docomoヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパー独占無料生配信
  2. 2024/7/28(日)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo京都サンガF.C. vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  3. 2024/7/31(水)19:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo浦和レッズ vs ニューカッスル独占無料生配信
  4. 2024/8/1(木)18:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomoサンフレッチェ広島 vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  5. 2024/8/3(土)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo横浜F・マリノス vs ニューカッスル独占無料生配信

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

SOCCERKING VIDEO