FOLLOW US

チェルシー、新オーナーGとクラブ買収の条件面で合意…買収費用の約4,000億円は全額ウクライナ支援に

チェルシーが新オーナーグループと、買収に関する条件面で合意 [写真]=Getty Images

 チェルシーは7日、アメリカ・メジャーリーグ(MLB)ロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーを務める同国人投資家トッド・ベーリー氏をはじめとする新オーナーグループがクラブを買収する条件面で合意したことをクラブ公式サイトで発表した。

 チェルシーのクラブ公式サイトによる発表は、以下のとおり。

「チェルシーフットボールクラブは、トッド・ベーリー、クリアレイク・キャピタル、マーク・ウォルター、ハンスユルグ・ヴィースらが率いる新オーナーグループがクラブを買収する条件で合意したことを確認しました」

「投資総額25億ポンド(約4,000億円)はクラブ株式の購入に充てられ、その資金はロマン・アブラモヴィッチ氏が確認したように、100%慈善事業(ウクライナ支援等)に寄付することを意図して、イギリスの凍結された銀行口座に預け入れられる予定です。銀行口座から資金を送金するためには、イギリス政府の承認が必要となります」

「さらに、新オーナーグループは、クラブの利益のために17億5,000万ポンド(約2,800億円)の追加投資を行うことを約束します。これには、スタンフォード・ブリッジ、アカデミー、女子チーム、キングスメドーへの投資、およびチェルシー財団への継続的な資金提供が含まれます」

「売却は、必要なすべての規制当局の承認を経て、5月下旬に完了する予定です。詳細については、売却完了時点でお知らせします」

 チェルシーは、オーナーを務めてきたアブラモヴィッチ氏が母国・ロシアのウクライナ侵攻によってイギリス政府から資産凍結等の制裁対象となっていた。チェルシーの新オーナーには数多くの候補者が名乗りを挙げていたが、アメリカ人投資家ベーリー氏やスイス人実業家ヴィース氏を含む新オーナーグループがクラブ買収に大きく近付いた模様だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO