FOLLOW US

モウリーニョ、メッシへの興味を否定「彼はFFPをリスペクトしていないチームにしか…(笑)」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がイギリスの娯楽サイト『JOE』のインタビューに応じた。9日に同サイトがそのインタビューの様子を公開した。

 モウリーニョ監督は今夏サッカー界で多く取り上げられたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて、チームに加えることを考えたかと訊かれると、トッテナムに加える気はないと回答。その理由については、「私たちはトッテナムでFFP(ファイナンシャル・フェアプレー)をリスペクとしているからね」と冗談交じりに続け、今夏メッシの移籍先として注目されたマンチェスター・Cを暗に揶揄した。

「彼はFFPをリスペクトしていないチームにしか行けないよ(笑)。だからトッテナムにはこないさ」

 マンチェスター・Cは2月、UEFAの定めるFFP規定に違反していたとして2年間のUEFA主催大会出場禁止と罰金3000万ユーロ(約37億円)を言い渡されていた。しかし7月にスポーツ仲裁裁判所(CAS)はUEFA主催大会出場禁止の処分を取り消し、調査に協力しなかったとして罰金処分のみの判断を下していた。

 モウリーニョ監督はCASの判決後、「無罪であれば罰せられることはない。有罪であれば追放されるべきだ。いずれにしても災難だ」と述べ、無罪にもかかわらず罰金処分が下った判決に苦言を呈していた。また、FFPに関しても「意味がないから終わりを迎えると思う」と述べ、持論を展開していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA