FOLLOW US

UEFAから処分も…デ・ブライネ「目の前の試合をプレーするだけ」

マンCの現状について語った(中央)デ・ブライネ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、UEFA主催大会への参加禁止処分を下されたことに言及した。19日、イギリスメディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 マンチェスター・Cは14日、UEFA(欧州サッカー連盟)のファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反したとして、2020-21シーズンと2021-22シーズンにおけるUEFA主催大会への参加禁止処分と、2500万ポンド(約36億円)の罰金を科された。

 声明が発表されてから初めての試合となったプレミアリーグ第26節延期分ウェストハム戦(2-0で勝利)後、デ・ブライネは同メディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、自分たちのやるべきことは変わらないことを強調した。

「声明が発表されたのは僕たちが休暇中の時だった。それから戻ってきて、僕たちは再びフットボールを始めた。これが今の状況だ。いつもの通りに練習していたし、本当に何も変わってはいない。目の前にある試合をプレーするだけだよ」

「今日のような日でも僕たちはいいパフォーマンスを見せることができた。まだ2つのカップ戦(カラバオ・カップとFAカップ)とチャンピオンズリーグなど多くの試合が残されている。できるだけ早く自分たちのリズムを取り戻し、シーズン終了後にはいくつかのタイトルを獲得できているといいね」

「チームがそのような声明を受けた。選手としては他に何をすればいいかはわからない。僕たちはただフットボールをすることしかできない。クラブがいろいろと動いているし、僕たちは彼らを信じている。他に何を言えばいいかはわからない。法的な問題だからね。みんなもこのことについてあまり言えないことはわかるだろう」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA