FOLLOW US

スペイン戦で脳震とうのDFショー…指揮官がワトフォード戦出場可否に言及

マンチェスター・Uとイングランド代表で好調だったルーク・ショー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFルーク・ショーが、15日のプレミアリーグ第5節ワトフォード戦に出場する可能性について、ジョゼ・モウリーニョ監督が言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に伝えている。

 8日のUEFAネーションズリーグ・スペイン代表戦に先発出場したショーは、ロングパスを頭でクリアしようとしたところでスペイン代表DFダニエル・カルバハルと交錯。一時意識不明となっていた。幸い大事には至らなかったが、脳震とうのため代表からは離脱していた。

 モウリーニョ監督は医師の意見を参考にしており、土曜日のワトフォード戦に出場するかどうかは決まっていないと話した。

「(彼がプレーするのか)まだ分からない。まだ練習がある。いくつかのニュースとは対照的だが、医師によれば彼はプレーすることができる」

 FA(イングランドサッカー協会)のガイドラインでは、脳震盪を起こした選手は14日間はプレーするべきではないとされている。しかし、医師による7つの基準を満たしている場合、この期間が経過する前でもプレーが可能なようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA