2017.04.24

ベッカム氏に新たな勲章、英選手協会メリット賞に輝く…自身2度目

ベッカム
PFAのメリット賞を受賞したベッカム氏 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 マンチェスター・Uの一員として6度のプレミアリーグ制覇など数々のタイトル獲得に貢献し、代表でも3度のFIFAワールドカップ出場を果たした元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が新たな勲章を手に入れた。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 イングランドサッカー選手協会(PFA)は26日、2016-17シーズンの年間最優秀各賞を発表。チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが年間最優秀選手に輝くなか、ベッカム氏は長年プレミアリーグと代表で活躍した人物の功績を称えるPFAメリット賞を受賞した。同氏は2013年にも“1992年組”として知られるアカデミー卒業生の一員として同賞を獲得しており、個人としては昨年のマンチェスター・U時代のチームメイトでもある元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏に続いて、2度目の受賞となる。

 ベッカム氏は1995年にマンチェスター・Uでプレミアデビューを果たすと、1996-97シーズンにはPFA若手最優秀選手賞を受賞。2003年にレアル・マドリードへ移籍するまで、PFA年間ベストイレブンにも5度選出された。1998-99シーズンのチャンピオンズリーグ制覇を含め、マンチェスター・Uで計14個のタイトル獲得に貢献。またイングランド代表としても通算115キャップを誇り、2002年と2006年のFIFAワールドカップにはキャプテンとして出場している。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る