2016.11.17

バルサと契約の楽天、過去にマンCと合意間近だった?…ユニ色が原因で破談

バルセロナは楽天とスポンサー契約を締結した [写真]=Corbis via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 インターネットサービスを運営する楽天株式会社が、マンチェスター・Cのスポンサー契約の合意にあと一歩と迫っていたようだ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が16日に報じた。

 同メディアによると、バルセロナとスポンサー契約を締結したばかりの楽天は、数年前にマンチェスター・Cとのスポンサー契約合意に近づいていたという。しかし、交渉の最終段階で、楽天がユニフォームのカラーを赤に変更することを要求。同じ街を本拠地とするマンチェスター・Uと同じカラーであることから、当然マンチェスター・C側は交渉を打ち切り、契約を見送ったと報じられている。

 楽天は16日、バルセロナと公式にグローバル・スポンサー契約を締結。契約は2017-18シーズンから4年間で、契約料は年間5500万ユーロ(約64億5000万円)に加え、リーガ・エスパニョーラ優勝で150万ユーロ(約1億8000万円)、チャンピオンズリーグ制覇で500万ユーロ(約6億円)のボーナスが支払われるという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る