FOLLOW US

英代表DFストーンズ、マンC移籍が近づく…エヴァートンは後釜模索

マンチェスター・C移籍が近づくストーンズ [写真]=Getty Images

 エヴァートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズが、マンチェスター・Cへの移籍に近づいている。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 チェルシーやバルセロナなど多くのビッグクラブが関心を示していたストーンズ。昨夏の移籍市場ではエヴァートンへ残留することとなったが、今夏にクラブを離れる可能性が高まっている。

 同紙によると、マンチェスター・Cエヴァートンに対して5000万ポンド(約69億2000万円)のオファーを準備。すでにエヴァートン側に移籍の意思を伝えたと報じられているストーンズ自身も、マンチェスター・Cの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下でのプレーを希望しているという。

 ストーンズに新契約を提示したエヴァートンだったが、同選手の引き留めは困難な状況となった。すでに後釜探しに奔走しており、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリや、ポルトに所属するオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディらと交渉を開始しているという。

 ストーンズは現在22歳のセンターバック。バーンズリーの下部組織出身で、2011年にトップチーム昇格を果たす。エヴァートンへは2013年冬に移籍し、これまでに公式戦通算95試合に出場してきた。また、2014年5月30日の国際親善試合ペルー代表戦でイングランド代表デビューを果たした同選手は、これまでに代表Aマッチで10試合に出場している。先日開催されたユーロ2016でのプレー機会は無かった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO