2016.04.12

マンU在籍10季目の34歳…キャリック、今夏に退団の可能性も

キャリック
マンチェスター・Uでの10年目を過ごしているキャリック [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属する元イングランド代表MFマイケル・キャリックが、今シーズン終了後に同クラブを退団する可能性が浮上している。イギリス紙『デイリーメール』が11日に報じた。

 キャリックは1981年生まれの34歳。2006年にトッテナムから移籍し、今シーズンでマンチェスター・Uでの10シーズン目を迎え、第33節終了時点で24試合に出場している。

 報道によると、今シーズン限りで現行契約が満了を迎えるキャリックに、マンチェスター・Uを退団する可能性が浮上している。同クラブはルイ・ファン・ハール監督の退任とジョゼ・モウリーニョ氏の新監督就任が有力視されているが、キャリックの去就は新指揮官の判断次第で、現時点では不透明な状況と伝えられている。

 なお、キャリックはスペインのリーガ・エスパニョーラやMLS(メジャーリーグ・サッカー)でのプレーに興味を示しているものの、イングランドにとどまりたいという考えも持っているようだ。

 キャリックはマンチェスター・Uで通算441試合に出場。プレミアリーグを5回、チャンピオンズリーグを1回制するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る