2016.03.31

アトレティコがD・コスタ復帰画策…就任有力コンテ監督はチェルシー残留希望

ジエゴ・コスタ
2014年からチェルシーでプレーしているジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーの次期指揮官就任が有力視されている現イタリア代表のアントニオ・コンテ監督が、同クラブに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタの残留を希望している。また同選手は、古巣アトレティコ・マドリードの補強ターゲットの1人に挙げられているようだ。スペイン紙『マルカ』が報じた。

 D・コスタは2014年夏にアトレティコ・マドリードからチェルシーへ移籍し、5年契約を締結した。プレミアリーグ初挑戦の昨シーズンは26試合出場で20ゴールを挙げ、優勝に貢献。今シーズンは第30節終了時点で24試合出場11ゴールと、1年目よりは得点ペースが落ちている。とはいえ、10位に沈んでいるチームにあって、総得点の25パーセントを記録し、トップスコアラーとなっている。

 報道によると、チェルシーの次期指揮官就任が有力視されているコンテ監督は、D・コスタを来シーズン以降の戦力として計算しており、同選手の残留を望んでいるという。一方で、古巣であるアトレティコ・マドリードがD・コスタの復帰を画策。ディエゴ・シメオネ監督が獲得を強く要望している模様だ。

 同紙は、今冬の移籍市場で中国スーパーリーグの広州恒大へ移籍したコロンビア代表FWジャクソン・マルティナスの移籍金4200万ユーロ(約53億6000万円)を使い、アトレティコ・マドリードが新たなFWの獲得へ動くと報道。D・コスタが補強リストの最上位にあるようだが、パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニやインテルの元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、ナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインもリストアップしていると報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
チェルシー
25pt
マンチェスター・U
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る