FOLLOW US

リヴァプールがマンCに3発快勝…キャピタル杯決勝の雪辱果たす

3点目を決めて喜ぶフィルミーノ(右から2番目)らリヴァプールの選手たち [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 プレミアリーグ第28節が2日に行われ、リヴァプールマンチェスター・Cが対戦した。

 2月28日のキャピタル・ワン・カップ決勝で顔を合わせた両チームが、中2日で再戦することとなった。PK戦の末に敗れて優勝を逃したリヴァプールは、先発メンバーを5名変更。元コートジボワール代表DFコロ・トゥーレ、クロアチア代表DFデヤン・ロヴレン、イングランド代表DFジョン・フラナガン、同MFアダム・ララーナ、ベルギー代表FWディヴォック・オリジがスタメン入りを果たした。

 一方、キャピタル・ワン・カップを制したマンチェスター・Cは、首位レスターより消化が2試合少ない状態で暫定勝ち点差「10」をつけられている。レスターは今節、1日に行われたウェスト・ブロムウィッチ戦で2-2と引き分け、1ポイントを得るにとどまった。マンチェスター・Cにとっては、勝ち点差を詰めるためにも勝利が欲しい一戦だ。

 均衡を破ったのはホームのリヴァプールだった。34分、敵陣右サイドでパスを受けたララーナがドリブルでカットイン。ペナルティーエリア手前まで差し掛かると、思い切りよく左足を振り抜く。グラウンダーのミドルシュートが正確にゴール右隅を射抜き、先制点が決まった。

 リードを奪ったリヴァプールはさらに41分、右サイドからのパスを受けたジェームズ・ミルナーがトラップでペナルティーエリアに入り、飛び出してきた相手GKの前で左足シュート。右ポストに当たったボールがゴールへ吸い込まれた。前半は2-0で終了した。

 2点リードで迎えた後半、リヴァプールは勝利を決定付ける3点目を奪う。57分、中盤でインターセプトしたジョーダン・ヘンダーソンが前方へとドリブルし、ディヴォック・オリジへパス。相手DFにカットされたが、こぼれ球に反応したララーナが縦へ突破し、ペナルティーエリアに差し掛かる。ララーナは左前方を走っていたロベルト・フィルミーノにラストパス。オフサイドラインぎりぎりで飛び出したフィルミーノが冷静に右足シュートを決め、スコアを3-0とした。

 リヴァプールマンチェスター・Cに反撃を許さず、無失点で試合終了のホイッスルを聞いた。リヴァプールがホームで3-0と快勝し、キャピタル・ワン・カップ決勝の雪辱を果たした。次節は6日、クリスタル・パレスとのアウェーゲームに臨む。一方、痛恨の敗戦を喫したマンチェスター・Cは、首位レスターとの勝ち点差「10」の4位。1試合未消化ながら、マンチェスター・Uと同勝ち点で並ばれた。次節は5日、アストン・ヴィラをホームに迎える。

【スコア】
リヴァプール 3-0 マンチェスター・C

【得点者】
1-0 34分 アダム・ララーナリヴァプール
2-0 41分 ジェームズ・ミルナー(リヴァプール
3-0 57分 ロベルト・フィルミーノリヴァプール

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA