FOLLOW US

アーセナルDFガブリエウ、ダービーマッチへ意気込み「最大の宿敵」

4日のCLバイエルン戦に出場したガブリエウ [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 8日に行われるプレミアリーグ第12節で、アーセナルはトッテナムとの“ノースロンドン・ダービー”に臨む。6日、アーセナルに所属するブラジル代表DFガブリエウがクラブ公式ビデオコンテンツ『アーセナルプレイヤー』のインタビューに応え、7日付のイギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』がコメントを伝えている。

 現在24歳のガブリエウは、今年1月の移籍市場でビジャレアルからアーセナルへ加入した。当初は言語の問題もあって出場機会が限られていたが、今季はすでに公式戦9試合に出場。8日には、トッテナム戦での初出場も期待される。

 同選手は「非常に難しい試合になるが、勝利を目指している。最大の宿敵はトッテナムだと思っている」と意気込みを述べると、「移籍してきた時、皆にトッテナムがライバルだと言われた。僕はそれまで、チェルシーが1番のライバルだと思っていたけれど、チームメートがそうじゃないと教えてくれた」と、クラブに根付いている文化を明かした。

 9月に行われたリーグ戦第6節のチェルシー戦では、チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタアーセナルのフランス代表DFローラン・コシェルニーと小競り合いを起こしたことに腹を立て、その報復行為によって退場処分となっていたガブリエウ。「周囲から伝えられることによって、ダービーはより激しい試合になっていくのだろう」と、見解を口にしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO