FOLLOW US

骨折のショーは年明けから復帰か…マンU監督「順調に回復している」

今季プレミア開幕節のトッテナム戦に出場したマンUのDFショー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は、長期離脱中のイングランド代表DFルーク・ショーが順調な回復を見せていると明かした。クラブ公式サイトが7日に伝えた。

 ショーは、9月15日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のPSV戦で右足を複合骨折し、長期離脱を強いられている。だが、すでにジムでの練習とプールでのリハビリを再開し、2016年にはファーストチームに万全の状態で復帰することが見込まれている。

 ファン・ハール監督は、クラブ公式マッチデープログラム『United Review』に寄せたコラムの中で、ショーについて、次のように綴っている。

「ファンから質問されることが多いので、ルーク・ショーの状態について伝えておきたい。ルークは、今の時点までにチームが想定していた通り、順調に回復している。自然に任せることが重要と考えているので、具体的な復帰時期は定めていない」

「休養中でも、可能な限りベストなコンディションを保とうと、ルークはハードワークを続けている。彼は、サポーターから勇気づけられるメッセージをたくさん受け取っている。彼も間違いなく感謝しているはずだ」

 戦線離脱中にもかかわらず、ショーは、現在ドルトムントにレンタル移籍中のベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイらとともに、欧州で将来有望なU-21の選手に贈られるゴールデンボーイ賞候補40選手の1人に、記者の投票で選出された。

 マンチェスター・Uは、7日に行われるプレミアリーグ第12節でウェスト・ブロムウィッチ(WBA)をホームに迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO