2015.10.18

岡崎と吉田の日本人対決実現ならず…レスターが土壇場弾でドロー決着

岡崎慎司
サウサンプトン戦で先発出場したレスターFW岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第9節が17日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンと、同代表FW岡崎慎司の所属するレスターが対戦した。吉田はベンチスタート。岡崎が2トップの一角で5試合連続の先発出場を果たした。

 リーグ戦9位につけるサウサンプトンが、ホームのセント・メリーズに5位のレスターを迎えての一戦。吉田と岡崎が同時にピッチに立てばプレミア史上2度目の日本人対決となる。初の対決は、2013年1月のサウサンプトンマンチェスター・Uで、吉田と香川真司(現ドルトムント)がともに先発出場を果たし、実現していた。

 先制したのはサウサンプトン。21分、右CKからドゥシャン・タディッチのボールに、ニアサイドでジョゼ・フォンテが頭で合わせて、ゴール左隅に流し込んだ。さらに37分、サウサンプトンが追加点を獲得する。左CKのショートコーナーから、ジェームズ・ウォード・プラウズのクロスに、グラツィアーノ・ペッレが頭で合わせるが、シュートは右ポストを直撃。フィルヒル・ファン・ダイクがこぼれ球にいち早く反応し、押し込んだ。前半はサウサンプトンの2点リードをで折り返す。

 追いつきたいレスターは、ジェフ・シュルップと岡崎を下げてネイサン・ダイアーリヤド・マフレズを投入し後半を迎えた。サウサンプトンは60分、ヨルディ・クラーシセドリック・ソアレスを下げて、スティーヴン・デイヴィスと吉田をピッチに送り出した。

 すると66分、レスターが1点を返す。右サイドのダイアーからのクロスに、中央のジェイミー。ヴァーディがヘディングで押し込み、ゴールネットを揺らした。ヴァーディは6試合連続で今シーズン8ゴール目となった。さらに後半アディショナルタイムの91分、マフレズのスルーパスでエリア内右に抜け出したヴァーディが、フリーで右足を振り抜き、シュートをゴールに突き刺した。ヴァーディの今シーズン9点目でレスターが同点に追いついた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、2-2の引き分けで終わった。サウサンプトンは連勝が3でストップ。レスターは連勝を逃した。なお、吉田は60分から途中出場。岡崎は先発出場するが、前半のみで交代となった。

 サウサンプトンは次節、25日にアウェーでリヴァプールと対戦。レスターは24日にクリスタル・パレスをホームに迎える。

【スコア】
サウサンプトン 2-2 レスター

【得点者】
1-0 21分 ジョゼ・フォンテサウサンプトン
2-0 37分 フィルヒル・ファン・ダイク(サウサンプトン
2-1 66分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター
2-2 90+1分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング