FOLLOW US

契約延長交渉が進まないグアルディオラ監督、来季マンC就任で合意か

4日のドルトムント戦で指揮を執るグアルディオラ監督 [写真]=Bundesliga/DFL via Getty Images

 バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が来シーズンからマンチェスター・Cを率いることで合意に至ったという。7日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 同紙によると、グアルディオラ監督はかつてバルセロナでともにプレーした友人でもあるマンチェスター・Cのチキ・ベギリスタインSD(スポーツ・ディレクター)に対し、来シーズンの監督就任を約束した模様。書類へのサインが交わされたわけではないが口頭で合意に達したようだ。

 今シーズンで契約満了を迎えるグアルディオラ監督に対し、バイエルンは契約延長を望んでいるものの、交渉は進んでいない。同日のスペイン紙『スポルト』によると、バイエルンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長は、「我々はずっと待つことはできない」と指揮官に早期決断を求め、「2015年中に決定してくれることを期待している。もしそれ以降になれば、我々は別の選択肢を考えなければならないだろう」と、監督交代もやむを得ないと考えている模様。

 グアルディオラ監督は以前からマンチェスター・Cとの関連が報じられており、昨シーズン終盤には2015-16シーズンから同クラブに就任することで合意に至ったとも伝えられていたが、その際は同監督が「バイエルンとの契約を全うする」と主張し、実現には至らなかった。

 なお、マンチェスター・Cは今年8月にマヌエル・ペジェグリーニ監督との契約を2017年まで延長している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO