FOLLOW US

マンUが最終日に補強か…モナコの“アンリ2世”獲得に67億円オファーへ

マンチェスター・Uが獲得を狙うマルシャル [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがモナコに所属するU-21フランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得を目指していることが明らかになった。30日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 マンチェスター・Uは30日に行われたプレミアリーグ第4節で、スウォンジーに1-2で敗れた。チームを率いるルイ・ファン・ハール監督はストライカーの不在を嘆いている模様で、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスのレヴァークーゼン移籍が目前に迫っていることも影響し、マルシャルの獲得に動いているという。

 現在19歳のマルシャルは2013年6月にモナコへ移籍すると、14-15シーズンはリーグ・アンで35試合に出場し、9ゴールをマークした。同年のチャンピオンズリーグでは、アーセナルやユヴェントスといった強豪との対戦でも起用され、高パフォーマンスを披露。一部メディアからはモナコOBの元フランス代表FWティエリ・アンリ氏になぞらえ、“アンリ2世”と評されている。

 今夏の移籍市場でもビッグクラブから狙われたが、トッテナムは1900万ポンド(約35億5000万円)のオファーを断られ、チェルシーは獲得に二の足を踏んだという。マンチェスター・Uはその“アンリ2世”の獲得に3600万ポンド(67億3000万円)のオファーを出すことが伝えられている。

 マンチェスター・Uは昨夏も大金を投じて大型補強を行ったが、今夏も最後に高額な移籍の成立を目指しているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO