2015.08.23

前節途中交代のテリー、将来が不透明に…チェルシー退団の可能性も

テリー
開幕戦ではフル出場していたテリー [写真]=Getty Images

 チェルシーのキャプテンを務める元イングランド代表DFジョン・テリーの将来が不透明になっているという。22日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 テリーは16日に行われたプレミアリーグ第2節のマンチェスター・C戦で、ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執る試合で初となる途中交代を命じられていた。指揮官はこの交代を戦術的なものだとしテリーへの信頼を口にしていたが、同選手は23日のウェスト・ブロムウィッチ戦で先発メンバーから外れた場合、退団を考えるのではないかと伝えられている。

 また、チェルシーは今夏の移籍市場でエヴァートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズの獲得に固執しており、これもテリーの退団が近づいていることを意味していると見られている。同クラブは今週中にもストーンズ獲得に向け3400万ポンド(約65億2000万円)のオファーを提示する見込みだという。

 現在34歳のテリーはチェルシーの下部組織出身。2000年からトップチームでの出場機会を増やしていくと、2004年に就任したモウリーニョ監督からキャプテンに任命された。これまでにプレミアリーグを4度制し、FAカップでも5回優勝するなど数々のタイトル獲得に貢献。2012年にはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る