FOLLOW US

チェルシー加入から1年…フィリペ・ルイスが古巣復帰に向け交渉か

2014-15シーズンは1年間チェルシーでプレーしたフィリペ・ルイス [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイスが、古巣アトレティコ・マドリードと交渉を行っていることが明らかになった。イギリスメディア『BBC』が17日に報じている。

 フィリペ・ルイスは2014年7月にアトレティコから完全移籍でチェルシーに加入したものの、移籍初年度となった2014-15シーズンはスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの控えに回る試合が多く、プレミアリーグ15試合への出場に留まった。

 アトレティコ・マドリードのエンリケ・セレソ会長は「交渉は存在する」と認め、「上手くいくかどうかはわからない。彼が復帰することになれば発表するだろう。最終的には解決策を見いだせると思う」と、今後の展望を口にした。

 また、「財政面というのはいつだって感情より優先されるものではあるが、契約がうまくいくと信じているよ」と、復帰を希望するコメントを表明している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO