2015.05.22

マンU、今夏の新たなターゲットにシュヴァインシュタイガー浮上か

シュヴァインシュタイガー
バイエルンでプレーするシュヴァインシュタイガー [写真]=Getty Images for FC Bayern

 マンチェスター・Uが、バイエルン所属のドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガー獲得に興味を示していることが明らかになっている。21日にドイツ誌『キッカー』が報じた。

 現在30歳のシュヴァインシュタイガーは、バイエルンの下部組織出身。2002年にトップチームでプロデビューを飾って以来、同クラブ一筋でキャリアを送っている。しかし、現在の契約は2015-16シーズン末までとなっており、マンチェスター・Uにとって給料や移籍金に関する問題は特にないだろうと、同誌は予想している。

 また、同選手は以前、プレミアリーグに魅力を感じていると公言していたという。

 さらにマンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は、バイエルンの監督を務めていた2009-10シーズンに、シュヴァインシュタイガーを現在のポジションにコンバートしたという実績を持っている。

 以前には、同選手が契約の終了する2016年にMLS(メジャー・リーグ・サッカー)へ移籍するとも報じられていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る