2015.03.02

モウリーニョ、21個目のタイトル獲得も「祝勝会は20分で終わり」

モウリーニョ
優勝杯を手にするモウリーニョ [写真]=Getty Images

 1日にウェンブリーで行われたリーグ杯決勝でトッテナムを2-0で破り優勝を果たしたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が試合後、「祝勝会は20分で終わり」と淡泊に語ったと、同日のイギリス紙『インディペンデント』が伝えた。

 監督キャリアで21個目の栄冠を手にしたモウリーニョ監督は、「私は優勝に満足だ。私にとって、子供の頃のようなうれしい感覚を味わうことは重要なこと」と感想を述べた上で、「ウェンブリーに戻って来られたのは素晴らしい事だったが、祝勝会は20分で終わりだ。明日は水曜の大事な試合に向けた練習がある」と4日に敵地で行われるプレミアリーグのウェストハム戦に気持ちを切り替えた。

 一方、同監督は試合直後に妻マチルダさんに電話したエピソードも明かし、「妻にはすぐに電話した。息子と娘はここ(ウェンブリー)で観戦していたけど、家にいた妻は私が電話するまで結果を知らなかった」と話した。

 なお、同日行われたプレミアリーグで上位争いをしている2位マンチェスター・シティが敵地でリヴァプールに1-2で敗れたため、消化試合が一つ少ない首位チェルシーは勝ち点5差を維持したまま4日のウェストハム戦に臨む。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る