2015.01.18

首位チェルシー、5発完勝で2位マンCとの勝ち点差暫定5に広げる

オスカル
2ゴールでチェルシーの勝利に貢献したオスカル [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第22節が18日に行われ、チェルシーは敵地でスウォンジーと対戦した。

 前節のニューカッスル戦からイングランド代表DFガリー・ケーヒルが先発に戻り、ほぼベストメンバーが揃った首位チェルシー。一方のスウォンジーは14日に、ここまで9ゴールをあげたエースのコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーをマンチェスター・Cに放出しており、戦力ダウンは否めない。

 試合は開始早々からチェルシーがその実力を遺憾なく発揮することになる。1分、中盤でボールを受けたスウォンジーのギルフィ・シグルズソンがパスミス。トーマス・キャロルに当たったこぼれ球を、オスカルが拾いすぐさまミドルシュート。これがゴール左下に決まり、チェルシーが開始1分で先制してしまう。

 リードを得て攻勢に出るチェルシーは20分、セスク・ファブレガス、ウィリアン、オスカルとダイレクトでパスをつなぎ、最後はセスクがジエゴ・コスタにラストパス。D・コスタは難なくゴールネットを揺らし、2点差とする。

 反撃に出たいスウォンジーだったが、ウェイン・ラウトリッジが負傷によりマルヴィン・エムネスと交代するアクシデントが発生。直後にまたしてもミスにより、決定的な得点が生まれてしまう。34分、自陣右サイドでボールを受けたフェデリコ・フェルナンデスが中途半端なバックパスをすると、これが完全にD・コスタへのアシストになってしまう。D・コスタはここも簡単に流し込み、チェルシーが3点目を奪う。さらに36分、キックオフのボールを簡単に奪われると、ウィリアンが自陣からドリブルで持ち上がり、右サイドのD・コスタへ展開。D・コスタの折り返しを走りこんだオスカルが決め、4-0とチェルシーがリードして前半を終える。

 終始スウォンジーを圧倒したチェルシーは、後半も試合をコントロールしていく。58分、セスクからボールを受けた左サイドのエデン・アザールがドリブル突破。アザールの折り返しをセスクが狙ったが、ウカシュ・ファビアンスキの正面だった。

 一方のスウォンジーは攻め手がなく、新加入のネルソン・オリヴェイラがシュートを放つシーンもあったが、1点を返すことはできない。大量リードのチェルシーは、セスク、ウィリアンに代え、ラミレス、アンドレ・シュールレを投入し、逃げ切りを図る。

 最後の得点を決めたのは、またもやチェルシー。79分、ブラニスラフ・イヴァノヴィッチからパスを受け、右サイドを突破したアザールは、そのままゴール右に走りこんだイヴァノヴィッチへパス。イヴァノヴィッチの折り返しを、最後はシュールレが押し込み5点目。

 このまま試合終了のホイッスルが吹かれ、チェルシーが5点を奪ってスウォンジーを下している。

 勝ち点を52に伸ばしたチェルシーは、2位マンチェスター・Cとの差を暫定ながら5に広げている。マンチェスター・Cは18日に、ホームでアーセナルとの一戦を迎える。

【スコア】
スウォンジー 0-5 チェルシー

【得点者】
0-1 1分 オスカル(チェルシー)
0-2 20分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
0-3 34分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
0-4 36分 オスカル(チェルシー)
0-5 79分 アンドレ・シュールレ(チェルシー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る