FOLLOW US

元マンU監督モイーズ氏の横断幕「選ばれし者」がオークションへ

現在はレアル・ソシエダを指揮するモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダのデイヴィッド・モイーズ監督がマンチェスター・U在籍時、ファンが450ポンド(約83000円)で作製した横断幕「選ばれし者」が、近々チャリティ・オークションにかけられることが明らかとなった。30日のイギリス紙『テレグラフ』などが報じた。

 今年4月に昨シーズン終了を待たずしてマンチェスター・Uを解任されたモイーズ監督だが、同横断幕が時を同じくして本拠地オールド・トラフォードのスタンドから撤去されて以来、スタジアムの倉庫に保管されたまま行き場を失っていた。

 当時、同横断幕は国立サッカー博物館に寄付されると報じられていたが、マンチェスター・Uのサポーター団体『ストレトフォード・エンド・フラッグズ』の代表アンドリュー・キルダフ氏は次のように説明した。

 「『選ばれし者』の横断幕はまだオールド・トラフォードの倉庫にある。ユナイテッドは我々に回収するよう求めているが、それができずにいる。国立サッカー博物館は受け取りに興味を示したが、その後、連絡が無いので、チャリティ・オークションにかけることになるだろう」

 一方、キルダフ氏は現在、新たな横断幕作製を検討しており、「オールド・トラフォードには横断幕がはられていない箇所が2つあるため、今季終了までに新しい横断幕を作製したい。多くのファンはチームの伝説的選手であるボビー・チャールトンかブライアン・ロブソンのものを望んでいるが、我々は様々なアイディアを募集中だ」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO