2014.11.12

プレミアリーグ過去6シーズンで『コスパ』が高いクラブランキング

プレミアリーグの費用対効果ランキング [写真]=Aston Villa FC/Liverpool FC/Arsenal FC via Getty Images

 11日付のイギリス紙『デイリー・メール』によると、過去6年間プレミアリーグに在籍したクラブの『費用対効果』で、エヴァートンが最もコストパフォーマンスの高いクラブであることが明らかとなった。

『アラビアン・ビジネス』が行ったこの統計は、各クラブの過去6シーズンの総支出額に対してプレミアリーグで獲得した勝ち点数を割り出したもので、1位のエヴァートンは勝ち点1につき、約7万8600ポンド(約1400万円)の利益を出している計算になる。2位は勝ち点1につき約5500ポンド(約100万円)の利益をあげたトッテナムで、3位以下のクラブは赤字となってしまった。

 一方、最も費用対効果の低いクラブはマンチェスター・Cの-109万5800ポンド(約2億200万円の赤字)で、この額は下から2番目のチェルシーの2倍の赤字額となっている。マンチェスター・Cは過去3年間で2度のリーグ優勝を果たしているが、クラブの栄光は高くついた計算となる。

 順位は以下の通り ()内は勝ち点1に対する利益

1、エヴァートン(+7万8600ポンド=約1400万円)
2、トッテナム(+5500ポンド=約100万円)
3、フラム(-8万5200ポンド=約1500万円)
4、アーセナル(-9万6600ポンド=約1700万円)
5、サンダーランド(-20万1900ポンド=約3700万円)
6、リヴァプール(-22万2800ポンド=約4100万円)
7、マンチェスター・U(-28万1100ポンド=約5200万円)
8、アストン・ヴィラ(-29万7500ポンド=約5500万円)
9、ストーク(-32万8300ポンド=約6000万円)
10、チェルシー(-59万8000ポンド=約1億1000万円)
11、マンチェスター・C(-109万5800ポンド=約2億200万円)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る