2014.09.02

陣容大幅刷新のマンU、補強費用は250億円超…人員整理も粛々と

今夏マンUに加入したディ・マリア(左上)とファルカオ(右上)、一方で移籍した香川(左下)とエルナンデス(右下) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは今夏、ルイス・ファン・ハール監督新体制に移行。昨シーズンのリーグ戦で7位に沈んだ汚名を返上すべく、移籍市場で積極的に動いた。

 まずは6月中にアスレティック・ビルバオのスペイン人MFアンデル・エレーラとサウサンプトンのイングランド代表DFルーク・ショーを獲得。7月は主に退団のニュースが占めたが、8月も終盤に差し掛かると再び動く。スポルティング・リスボンからDFマルコス・ロホ、レアル・マドリードからMFアンヘル・ディ・マリアのアルゼンチン代表2選手を獲得すると、移籍最終日となる9月1日にはアヤックスからオランダ代表MFダレイ・ブリント、さらにはレンタル移籍でモナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオを獲得した。

 一方で人員整理にも着手。ファン・ハール監督がチームに合流する前に元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド(QPR加入)、元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチ(インテル加入)のCB2選手の契約満了に伴う退団が決まると、7月中にフランス代表DFパトリス・エヴラがユヴェントスへ移籍し、最終ラインのベテラン選手がチームを去った。

 また、移籍市場終盤には、日本代表MF香川真司(ドルトムント)、イングランド代表FWダニー・ウェルベック(アーセナル)が完全移籍。メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(レアル・マドリード)、ポルトガル代表MFナニ(スポルティング・リスボン)、イングランド代表FWウィルフレッド・ザハ(クリスタル・パレス)などが、レンタル移籍で新天地へ移っている。

 なお、ドイツの移籍情報サイト『Transfermarkt.de』では今夏の推定移籍金を伝えているが、マンチェスター・Uは今夏、レンタルで加入したファルカオを除いた選手の獲得に約1億8600万ポンド(約255億5000万円)を投じたと見られる。

■マンチェスター・U今夏移籍市場での動き

▼獲得(カッコ内移籍元)
MF アンデル・エレーラ(アスレティック・ビルバオ)
DF ルーク・ショー(サウサンプトン)
GK ヴァンヤ・ミリンコヴィッチ(ヴォイヴォディナ)※今シーズンはレンタルで古巣残留
DF マルコス・ロホ(スポルティング・リスボン)
MF アンヘル・ディ・マリア(レアル・マドリード)
MF ダレイ・ブリント(アヤックス)
FW ラダメル・ファルカオ(モナコ)

▼放出(カッコ内移籍先)
DF アレクサンデル・ビュットネル(ディナモ・モスクワ)
FW ジャック・バーンビー(レスター)
DF リオ・ファーディナンド(QPR)
FW フェデリコ・マケダ(カーディフ)
DF ネマニャ・ヴィディッチ(インテル)
MF チャーニー・エカンガメネ(ズルテ・ワレヘム)
DF ルイス・ロウリー(レスター)
DF パトリス・エヴラ(ユヴェントス)
FW ベベ(ベンフィカ)
MF 香川真司(ドルトムント)
MF トム・ローレンス(レスター)
FW ダニー・ウェルベック(アーセナル)
FW アンジェロ・エンリケス(ディナモ・ザグレブ)
MF ナニ(スポルティング・リスボン)
FW ウィルフレッド・ザハ(クリスタル・パレス)
FW ハビエル・エルナンデス(レアル・マドリード)
MF ニック・パウエル(レスター)
DF マイケル・キーン(バーンリー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る