2014.03.30

マンUのモイーズ監督、チームの反応に満足「成長を示してくれた」

アストン・ヴィラ戦の勝利に満足するモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第32節が29日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、アストン・ヴィラとホームで対戦し、4-1で勝利した。香川は先発出場し、68分までプレー。1アシストを記録している。

 マンチェスター・Uを率いるデイヴィット・モイーズ監督が、勝利を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 モイーズ監督は、「試合の出だしは良くなかった。開始10分はナーバスだったね」と前置きした上で、「だが、まとまりを見せてからは調子を取り戻し、2点目を前半のうちに決めることができてよかったよ。選手達はチャレンジを続け、試練を乗り越え、成長を示してくれた」と総括した。

 そして、「私は勝利以外の何も考えていなかったんだ。ファンがクラブとチームを支えてくれた」と感謝の気持ちを述べている。

 また、4月1日にチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでバイエルンと相まみえることについて、「本当に対戦を楽しみにしている。難しいシーズンを送っているが、火曜日のバイエルン戦に勝利することができれば、状況は大きく好転するだろう」と語り、勝利と復調へ意気込んだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る