2014.03.26

マンU撃破を喜ぶペジェグリーニ「全ての面で良いパフォーマンス」

ペジェグリーニ
ペジェグリーニ監督がマンチェスター・U戦を振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第28節延期分が25日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとマンチェスター・Cによる“マンチェスター・ダービー”が行われた。マンチェスター・Cが3-0で完勝し、ダービー連勝を達成。ベンチスタートの香川は後半開始時から出場した。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は、「チームは全ての面で良いパフォーマンスを見せたと思っている。我々は3ゴールを決めることができたが、ゴールを決めるチャンスは3、4回あったと記憶している。マンチェスター・Uには、ゴールを決めるチャンスはほとんどなかったと思っている」と、コメント。「我々は、試合開始からとてもコンパクトに動き、アグレッシブにプレーして、前半1分から勝ち点3獲得を目指した」と、話した。

 そして、「たくさんのゴールを決めることができるとわかっているが、今日、チームはとてもコンパクトだった。我々は彼らに全く仕事をさせず、ディフェンスのダメージを負わないように、彼らに1メートルもスペースを与えなかった」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る