2014.02.24

リヴァプールが4ゴール、スウォンジーとの打ち合いを制す

リヴァプールがスウォンジーとの打ち合いを制した [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 23日に行われたプレミアリーグ第27節で、リヴァプールとスウォンジーが対戦した。

 リーグ戦26試合を終えて、16勝5分け5敗、勝ち点53で4位のリヴァプール。リーグ戦7試合負けなしで迎えたホームでの一戦では、ルイス・スアレスやスティーヴン・ジェラード、ダニエル・スターリッジらが先発出場した。

 リヴァプールは開始早々に先制点を奪う。3分、自陣でボールを奪ったラヒム・スターリングが、右足アウトサイドで巧みなスルーパスを送る。最終ラインの背後でスターリッジが反応すると、ペナルティーエリアの外へ飛び出したGKミシェル・フォルムをかわして左足で流し込んだ。さらに20分には、スターリッジが右サイドからドリブルで切り込み、中央のジョーダン・ヘンダーソンへパス。ヘンダーソンはペナルティーエリアの外から右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートがゴール左隅に決まった。リヴァプールが2-0とリードを広げた。

 2点リードのリヴァプールは、23分、スウォンジーのジョンジョ・シェルヴィに右足ミドルシュートを決められ、1点差に迫られる。さらに27分、左サイドのFKからウィルフリード・ボニーにヘディングシュートを沈められ、2-2の同点に追いつかれた。

 2点差を追いつかれたリヴァプールは、36分に勝ち越しに成功する。ペナルティーエリア内、左サイドでボールを持ったスアレスが、中央へピンポイントのクロスを上げると、スターリッジがヘディングシュートを決めた。前半は3-2で終了した。

 1点リードで後半を迎えたリヴァプールだが、47分、PKをボニーに決められ、再び同点に追いつかれる。リヴァプールはジョー・アレンらを投入して打開を図ると、決勝点は75分に生まれた。左サイドからカットインしたスアレスがミドルシュートを放つと、相手DFがブロックしたこぼれ球にヘンダーソンが詰めてシュート。相手GKが弾いたところに、ヘンダーソンが再び詰めて、押し込んだ。

 試合は4-3で終了。リヴァプールが打ち合いを制し、勝ち点を56に伸ばした。首位チェルシーとの勝ち点差は4となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る