2015.10.04

ドルトムントにELで無観客試合の処分か…PAOK戦でサポーターが問題行為

一部サポーターが警察と衝突し中断したPAOK対ドルトムント戦 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのサポーターが、1日にアウェーで行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節のPAOK(ギリシャ)戦で、後半に発煙筒を焚き、警察官と衝突するなどしたため試合が中断した件で、同クラブに罰金以上の制裁が科される可能性が浮上してきた。2日、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 同紙よると、ドルトムントのウルトラスは8月20日にアウェーで行われたEL予選プレーオフ・ファーストレグのオッド(ノルウェー)戦でも後半開始前から今回と同様にベンガル花火(緩燃性の花火)などを燃やしていた。これを問題視しているUEFA(欧州サッカー連盟)はすでに調査を開始。今後の同大会で無観客試合を命じられる可能性もあるという。

 ELでは過去に、ラピッド・ウィーン(オーストリア)、今回は被害者側だったPAOK、そしてバーゼル(スイス)なども、1~3試合を観客なしの状態で開催している。

 また同紙によれば、ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏も、「この問題は重大に捉えなければならない。このような行為を行う者には断固とした対応を取るしかないだろう。もう限界に達した。あの試合は完全に彼らに邪魔された」と憤慨しているという。

 ドルトムントは、4日に行われるブンデスリーガ第8節で、バイエルンとの首位決戦に臨む。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る