FOLLOW US

公式戦10連勝も連携に課題…香川「いつもと違った感じがした」

ELクラスノダール戦に出場した香川真司 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でロシアのクラスノダールと対戦し、2-1の勝利を収めた。後半開始から出場した香川が、ブンデスリーガ公式サイトのインタビューに応じている。

 香川は、「難しかったです。前半のスタートは明らかに良い入りができていませんでした」と振り返ると、「目先のレヴァークーゼン戦もあったから、そういうところに頭がいってた部分はあったのかなと思います」と集中できていなかったことを指摘。「チャンピオンズリーグも5、6年やってる中でのヨーロッパリーグですから、モチベーション的なところが難しさだったと思います」と、モチベーションが低かったことが原因だったと語っている。

 同試合でドルトムントは、韓国代表DFパク・チュホ、ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ、ドイツ代表MFゴンサロ・カストロの新加入選手が先発出場した。その一方でスタメンから外れた香川は、「距離感だったり、パスの回し方であったり、リズムが悪かったんで、それは意識してました」と後半開始から投入された際の意識を明言。だが、実際のプレーから「ポジショニングとか味方のフォローの質っていうのがいつもと違った感じがしました」と明かすと、その違和感について、「もちろん新しい選手が増えて、まだまだ連携面で課題はあると思います」と、新加入選手との連携不足を指摘した。

 ドルトムントは、20日に行われるブンデスリーガ第5節でレヴァークーゼンをホームに迎えて対戦する。香川は、「とてもタフな試合になると思うし、強い相手なんでしっかりと準備をします」と、試合を見据えると、「自分たちのサッカーをすれば必ず勝てると思っているので、しっかり集中してやっていきたいと思います」と意気込みを語った。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA