FOLLOW US

敵地でのドロー決着を前向きに捉えるグアリン「勇敢に戦った」

セルティック戦に出場したグアリン [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはアウェーでセルティックと対戦し3-3で引き分けた。

 先発フル出場を果たしたコロンビア代表MFフレディ・グアリンが試合後に、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えている。

 グアリンは「結果は残念。我々は勇敢に素晴らしい試合をしたのだからね」と語ると、「それでもこの結果をポジティブに捉えている。常に集中していかなければならないが、ポジティブな面を自分は見ている。引き分けで終えたことで、ホームでのセカンドレグは、勝利か(1-1、または2-2の)引き分けでも勝ち抜けることができる。1回戦を突破するためには、ミラノで良いパフォーマンスをしなければならない」と、後半アディショナルタイムに追いつかれたものの、引き分けをポジティブに捉えていることを明かした。

 なお、インテルのホームで行われるセカンドレグは26日に行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO