2015.12.21

クラブW杯MVPのスアレス「みんながプレーを見てくれたということ」

スアレス
決勝戦で2ゴールを挙げたスアレス。大会MVPに輝いた [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは20日に行われたFIFAクラブワールドカップ2015決勝戦でリーベル・プレートを3-0で下し、史上最多3度目の大会制覇を果たした。試合後、2ゴールの活躍でMVPに輝いたウルグアイ代表FWルイス・スアレスが喜びを語っている。

 準決勝を欠場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとブラジル代表FWネイマールが先発復帰し、“MSN”が揃ったバルセロナは、メッシのゴールで先制に成功。さらに後半に入りスアレスの2発で点差を広げ、南米王者相手に3-0の快勝を飾った。

 大会史上最多となる計5ゴールを挙げて得点王に輝き、MVPも受賞したスアレスは、「とてもハッピーだ。今回はこの大会でタイトルを取るために日本に来て、自分たちの立てた目標を達成することができた。僕たちは全力を尽くしたし、賞をもらったということは自分のピッチでのプレーをみんなが見ていてくれたということ。2ゴール決めることができたし、本当に嬉しく思っている」と話し、チームと個人のパフォーマンスに満足感を示している。

 そして、「レオ(メッシ)とネイマールがいて素晴らしい試合だったと思う。彼らがいたことによって心強く、そしてより容易く勝つことができた。みんなで協力し合って勝つことができたね。ゴールを決める決めないは別として、みんなが非常に仲良くいいプレーができたと思う」と、出場が危ぶまれていたメッシ、ネイマールの両選手とプレーできたことを喜んだ。

 続けて、「この大会に臨むにあたって世界ナンバーワンのクラブになりたいと思っていた」と述べたスアレスは、目標達成を喜ぶとともに、さらなるタイトル獲得に向けて意気込みを語っている。

「(目標を)達成できて嬉しく思っている。クラブチームにとってクラブW杯のタイトルは非常に重要だ。ここで立ち止まるのではなく、僕たちはこれから先もどんどんタイトルを取り続けていきたい」。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る