FOLLOW US

アトレティコサポが訴訟…CL決勝の先制弾はオフサイドと主張、損害賠償請求

CL決勝でゴールを決めたレアル・マドリードのセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードのサポーターであるホセ・アントニオ・カンポン氏が、ゴールの判定が誤審であったとして損害賠償請求を起こした。25日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によるとカンポンは、5月28日に行われた2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリードアトレティコ・マドリードの一戦におけるゴールの判定は適切ではないと主張している模様。同試合ではレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがFKに反応して先制ゴールを挙げたが、これはオフサイドであり、得点は無効であるとの考えを示したようだ。

 カンポン氏はUEFA(欧州サッカー連盟)及び同試合で主審を務めたイングランド出身のマーク・クラッテンバーグ氏に、チケット代160ユーロ(約2万円)と道徳的損害金として1500ユーロ(約18万円)、総額1660ユーロ(約20万円)の支払いを請求しているという。

 カンポン氏の弁護士は、「映画館に行って音が聞こえない場合、お金は返される。これは同じこと。ルールがあり、それが破られたのだからね。だから我々は雇用者(UEFA)と被雇用者(クラッテンバーグ氏)に対しての責任を主張している。私たちは合理的な金額を請求する」と見解を述べた。

リーガ・エスパニョーラ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA