FOLLOW US

敗退を悔やむも選手を称賛するシャルケ指揮官「少し運がなかった」

シャルケを率いるディ・マッテオ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが10日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケレアル・マドリードと対戦した。シャルケは4-3と撃ち合いを制するも2試合合計スコアで1点及ばず、敗退している。チームを率いるロベルト・ディ・マッテオ監督が試合後の会見に臨み、クラブ公式HPがコメントを伝えた。

 昨シーズン王者のレアル・マドリードをあと一歩のところまで追い詰めたものの、最終的には敗退してしまったシャルケ。ディ・マッテオ監督は「観客にとってはとても素晴らしい試合だった。我々はファンタスティックなサッカーをした」と、試合を振り返るも「しかし、複雑な気持ちでマドリードから帰ることになった。試合に勝ったことは嬉しく思うが、4ゴールを挙げながらも敗退したことはとても悲しい」と、心境を明かしている。

 また、「我々は試合を通じて高いパフォーメンスを見せ、相手のリズムを崩すことができた」とチームを称賛したが、「リードしたままハーフタイムに入ることができれば、もっと良くなっていただろう」と、2-1でリードして迎えた前半終了直前に失点したことを悔やんだ。

 最後に同監督は、「ハーフタイムでは、自分たちを信じる必要があると選手たちに伝えた。きっと我々には、ほんの少しの運が足りなかった。それでも選手たちは全てを出し尽くしてくれた」と、選手たちの労をねぎらっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO