FOLLOW US

アーセナルが2発完封でGS突破…CL初黒星のドルト、香川は途中出場

CLドルトムント戦でチーム2点目を決めたA・サンチェス(左) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が26日に行われ、グループDではアーセナルと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川はベンチスタートとなっている。

 ここまで2勝1分け1敗で2位のアーセナルは、全勝でグループステージ突破を決めている首位のドルトムントをホームに迎えての一戦。アーセナルは同試合で引き分け以上、または敗戦しても同組のアンデルレヒトとガラタサライの対戦が引き分けに終われば決勝トーナメント進出が決まる。

 試合は開始2分、右サイド高い位置でのスローインから、ヤヤ・サノゴサンティ・カソルラとのパス交換で、エリア内右でフリーとなりシュート。ボールはGKローマン・ヴァイデンフェラーの股を抜いてネットを揺らし、アーセナルが早くも先制点を手に入れた。

 19分にドルトムントは、右サイドのウカシュ・ピシュチェクにボールが渡ると、低めの速いクロスを相手のGKとDFの間に入れるが、ファーサイドのチーロ・インモービレにはわずかに合わない。39分には、イルカイ・ギュンドアンのロングパスから、右サイドで高い位置をとっていたピシュチェクがヘッドで落としたところに、ヘンリク・ムヒタリアンがエリア内でボールを受けてシュート。しかしこれはGKエミリアーノ・マルティネスがセーブした。

 前半はこのまま動かず終了。開始早々に先制したアーセナルが1点リードで折り返した。

 後半に入って50分、ドルトムントはアーリークロスが弾かれたところにムヒタリアンがボールを奪って、自らシュートを放つが、GKマルティネスが正面でキャッチした。一方のアーセナルは52分、敵陣中央でボールを受けたアレクシス・サンチェスがドリブルで持ち上がりシュート。ゴール右隅を突くが、これはGKヴァイデンフェラーが弾き出した。

 54分にアーセナルは、エリア手前の正面でボールを受けたアレックス・チェンバレンが、そのままドライブのかかったシュートを放つが、クロスバーに直撃。すると57分、エリア手前の左でカソルラからのパスを受けたサンチェスが右足を振り抜くと、カーブがかかったシュートはGKの手を避けゴール右隅に突き刺さった。アーセナルがリードを2点に広げた。

 反撃に出たいドルトムントは、61分にインモービレを下げて香川を、ピエール・エメリク・オーバメヤンに代えてアドリアン・ラモスを投入した。一方のアーセナルはアクシデント発生。キャプテンのミケル・アルテタが負傷し、67分にマテュー・フラミニと交代した。

 76分、サンチェスからのロングパスを右サイドで受けたチェンバレンが、そのままエリア内右からシュートを放つも枠をとらえられない。79分にドルトムントは、ケヴィン・グロスクロイツに代えてミロシュ・ヨイッチを投入。一方のアーセナルは、またも負傷でサノゴを下げて、ルーカス・ポドルスキをピッチに送り出した。

 82分、CKからのこぼれ球をエリア手前で受けたギュンドアンが、DFを1人かわしてミドルシュート。しかしこれもGKマルティネスがキャッチ。89分にアーセナルは、エリア手前左からのFKでカソルラが直接狙うが枠をとらえられない。90分には、チェンバレンを下げてジョエル・キャンベルを投入した。

 試合はこのまま終了。アーセナルが2-0でドルトムントを下し、グループステージ突破を決めた。ドルトムントはCL初黒星で、首位突破は次節に持ち越された。

【スコア】
アーセナル 2-0 ドルトムント

【得点者】
1-0 2分 ヤヤ・サノゴアーセナル
2-0 57分 アレクシス・サンチェスアーセナル

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO