2014.09.17

CL完敗スタートとなったアーセナル「我々は期待外れの出来」

頭を抱えるヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節が16日に行われ、グループDではアーセナルが香川真司の所属するドルトムントとアウェーで対戦。0-2と完封負けを喫した。

 黒星スタートを受け、アルセーヌ・ヴェンゲル監督は、「ドルトムントを祝福するよ。彼らの方が良かった」とコメント。「我々の出来は期待外れで、彼らの勝利は自然。我々にも先制するチャンスはあったが、決めたのは彼らだった。2度のカウンターでの失点は非常に厳しい」と、完敗を認めざるを得なかった。

 アーセナルは前半終了間際の45分に、ドルトムントのイタリア代表FWチーロ・インモービレにドリブル突破からシュートを叩き込まれた。結果には納得した指揮官も、「最後は3対1の状況で、なぜ失点したかを理解するのは難しい。ゴールから80メートルの位置でボールを失ったが、止めるには十分な人数がいたはずだ」と、守備の対応には不満の様子を見せる。

「ドルトムントの中盤が我々よりも強力だった点には同意する。しかし、選手個々を評価するのは難しい。我々はチームとして求められるレベルになかった」と嘆きは続いた。

 アーセナルは、10月1日に行われる第2節で、ホームにトルコのガラタサライを迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る